1px;border-top-style : dotted;" width="180" class="cell">社会保険・労働保険の適用 労働保険の加入手続き 労働保険年度更新支援ツール 労災請求代行サービス 是正勧告の対応について  取扱業務と報酬 ご依頼・お問合せ ご依頼・お問合せ
 会社設立山梨.com
 車庫証明山梨.com

労災保険給付請求(労災請求)代行サービス

仕事中に負傷したり、仕事が原因で病気になった場合(業務災害)、あるいは通勤災害が起こった場合に労災保険給付を受けられることを知っていても、

労災保険を使うと保険料が高くなる、
労働基準監督署の調査が怖い、
取引先に迷惑をかける、
手続きがめんどうだ、

といった理由で健康保険へ給付請求をしてしまうケースが後を絶ちません。

また、こういった問題で悩んだ挙句、労災事故を隠蔽し、労災保険給付を請求しないで
自費診療を受けたという事例も多数見受けられます。

しかし、後遺障害が残り、後から労災保険へ請求せざるを得なくなった場合等、『労災隠し』が発覚した場合、事業者は検察庁に書類送検されることがあります。

また、健康保険に請求後、社会保険事務所から問合せがあり、傷病の原因が業務・通勤で
あったことが判明しますと、請求のやり直しとなり、被災者、会社、診療機関の負担は大きくなります。

上記の労災給付請求を躊躇させる原因の一つである、『労災保険を使うと保険料が高くなる』というのは、労災保険のメリット制適用事業において死亡災害等重大災害が発生した場合等、保険料納付額に対する給付額が一定割合以上になった場合であって、すべてのケースでそうなるものではありません。

休業4日以上の労働災害が発生した場合には、『労働者死傷病報告』を所轄労働基準監督署に提出しなければなりませんが、これを怠ると前記のとおり、検察庁に書類送検される場合があります。

以上から、労働災害が発生した場合の危機管理としては、

『労働者死傷病報告』を所轄労働基準監督署に提出
労働基準監督署が行う災害調査に協力
速やかに労災保険給付請求(労災請求)を行う
労働災害発生原因を分析する
今後の労働災害防止策を講ずる

ことが大切です。

山梨県内の労災保険給付請求(労災請求)でお困りの方をサポートします

労働災害が発生した場合は迅速な対応が大切です。

労災保険給付請求(労災請求)を行う場合であっても、第三者が介在する場合には、『第三者行為災害発生届』等、給付請求書以外にも提出書類を求められることがあります。

こうした書類を迅速に提出することが、保険給付を速やかに受けるためには大切です。

伏見社会保険労務士・行政書士事務所は、労災保険給付請求(労災請求)を専門的に取り扱っております。

山梨県内の、療養(補償)給付、休業(補償)給付、障害(補償)給付、遺族(補償)給付、第三者行為災害等でお困りの事業主様、従業員様のご相談をお待ちしております。

労災保険給付請求手続き代行に関するお問合せ及び依頼はこちらから
労災保険給付請求手続き代行(一般的なもの)の当事務所の報酬は、
21,000円
(消費税込み)です。

お急ぎの方は、
 055−240−9565 まで
いますぐ、どうぞ
お問合せ

▲ページトップへ戻る
事務所案内個人情報保護方針特定商取引法表示リンクお客様の声ご依頼・お問合せサイトマップ
【サイト運営者】
〒400-0111 山梨県甲斐市竜王新町150番地1 A201 TEL:055-240-9565 FAX:055-267-6160
伏見社会保険労務士・行政書士事務所/代表   行政書士・社会保険労務士  伏 見   剛
山梨県社会保険労務士会会員番号:1910200号     山梨県行政書士会会員番号:610号
 Copyright(C) 2009-2010 伏見社会保険労務士・行政書士事務所【山梨県甲斐市】 All rights reserved